パーソナルトレーナーのボディタッチがやっぱり苦手!

「パーソナルジムでトレーナーにお尻をタッチされるのが気になって集中できない。」

 

「スクワットやベンチプレスの際に、足のつけ根まで手を入れられたり、大胸筋(胸)に手のひらを置かれたりする必要はどこまであるのでしょうか?」

 

女性の皆さん、ジムに通いながらこんなことを考えたことはありませんか?正直に言うと、私も考えたことがあります。(他の人のトレーニングを見ていると同様に・・)

 

ご存知でしょうか、パーソナルトレーニングに興味を持つ人の約8割が女性ですが、この業界では男性のトレーナーが多いのが現状です。

 

トレーニング日における生理や妊娠、出産に関する体の問題や、体型に対するコンプレックスをトレーナーに全て話すことは、やはり抵抗感があり恥ずかしいと感じる方も多いのではないでしょうか?

 

女性の体はステージごとに変化していきますので、同じ悩みを抱える女性トレーナーに寄り添って相談したいと思う方に、気兼ねなく情報を提供します。

 

また、学ぶことのメリットやコンプレックスを克服する秘訣も紹介しています。

パーソナルトレーナーが体に触れる理由

トレーナーは筋トレ指導において、効果的なトレーニングを行うために、鍛えている部位が本当に刺激されているかや、誤ったフォームを修正するために直接体に触れてチェックを行います。

 

例えば、スクワットでは膝の位置、お尻の出し方、視線の向き、腰のケアなど、一つのトレーニングに多くの要素があります。

 

これらのチェック項目を全て口頭で説明するだけでは、筋トレ初心者には瞬時に理解しにくいことがほとんどです。

そのため、トレーナーはそっと特定の部位に触れながら「ここに意識を向けて試してみてください」と指示をします。すると、フォームが瞬時に正しくなり、効果も向上し、怪我のリスクも回避できるのです。

パーソナルトレーニングを受ける前に知っておきたいこと

トレーナーさんの中には、指先でそっと触れる程度に細心の注意を払っている方も多数います。
トレーナーさんの中には、指先でそっと触れる程度に細心の注意を払っている方も多数います。

体を変えたいと思った時、専門家による個別指導を受けることは目標達成への最短経路です。

 

最近では、パーソナルジムの出店が急増し、あちこちにジムが見られるようになりました。

どのパーソナルジムに通うかは、自分自身の選択によって快適さが左右されます。

 

プロのパーソナルトレーナーとして働く人々にもさまざまなタイプが存在します。自身のダイエット体験のみを基に指導する人もいれば、国際的に認められた資格を持つ人もいます。

最近では、理学療法士や柔道整復師といった国家資格を有する人々が「パーソナルトレーナー」として活躍しています。

 

ジムの場所や施設の清潔さなど、選ぶ際にはそれらも重要な要素ですが、マンツーマンの指導を受けるトレーナー自身の選択によっても大きく変わることを忘れないでください。

 

トレーナーのタイプやスタイルによって、あなたのパーソナルトレーニングの経験は大きく異なるかもしれません。

パーソナルジムの選び方について/パーソナルトレーナーの選び方について

ボディタッチが嫌な人が取るべき選択とは?

・トレーナーに伝える

トレーナーさんの中には、指先でそっと触れる程度に細心の注意を払っている方も多数います。
トレーナーさんの中には、指先でそっと触れる程度に細心の注意を払っている方も多数います。

パーソナルジムに通う前には、必ず体験レッスンを受けることをおすすめします。

性別に関わらず、体に触れられることに抵抗がある場合は、それを事前に伝えればジム側も配慮してくれるはずです。

 

もしトレーナーが交代制の場合は、カルテや申し送り事項として顧客の希望情報を共有してくれるジムかどうかも確認しましょう。

 

現代のSNSを使えば、ネガティブな評判が簡単に広まってしまうことがあります。

トレーナーにとっても、意図しないボディタッチが否定的に拡散されることは重大な問題です。

 

「嫌なのにわかってくれない...」と内心思っていても、それは相手には伝わりません。

自意識過剰だとか、他のことを考えずに明確に自分の意思を伝えましょう。

・女性トレーナーを選択する

男性のトレーナーのボディタッチを避けたいということが優先事項であれば、間違いなく女性トレーナーしかいないジムを選ぶことをおすすめします。

女性が多いジムでも、急な代行などで男性トレーナーになってしまう場合もあるかもしれません。

 

女性トレーナーに話を聞くと、次のような意見が多く寄せられています:

 

・若い男性トレーナーに指導を受けると、スクワットなども大胆にできず、照れてしまうことがあった。

・露出が大きいお気に入りのウェアを着ることができなかった。

・セクハラまがいの発言があり、気分を害したと感じた方もいました。

 

以下は具体的な例ですが、これらの発言は明らかにセクハラや不適切なものです:

 

・「膣を鍛えるとご主人が喜ぶ。」

・「レギンスの下はTバックパンツですか?」

 

このような言動は完全にセクハラであり、許容できません。

パーソナル希望者の8割以上が女性

パーソナルジムでは女性のお客さまが多い傾向にあります。

当社の調査によれば、体験レッスンの申し込み者のうち、8割以上が女性です。

 

特に、「女性トレーナーを希望する」という希望が多いです。パーソナルトレーニングは女性にとって人気のある習い事の一つとなっており、初めて筋トレを始める方も多いです。

女性同士の安心感を求めている方が多いと考えられます。

 

このような需要に応えるために、ジムやトレーニングセンターでは女性トレーナーを充実させるなど、顧客のニーズに合わせたサービス提供が行われています。

女性パーソナルトレーナーの6つのメリット

 

  1. 体調(生理や不定愁訴)など抵抗なく相談でき、理解してもらいやすい。
  2. ノーメイクでも気にならない。
  3. マンションの一室がジムでも女同士なら不安なく通える。
  4. お尻の形や胸の大きさやサイズ、形など微妙なボディラインの相談も抵抗なく話せる。
  5. ボディラインが多少強調された露出が多めのファッションでも気兼ねなく楽しめる。
  6. ウエアや美食面の情報などトレーニング以外に参考になる点が多い。

モデルや女優さんのSNSから筋トレが身近に

 

モデルの◯◯さんや憧れの女優さんのSNSを見て、筋トレを始めたいと思う方が増えています。

特に美意識の高い方々は、映える姿勢やおしゃれさ、かっこよさを重視しながら筋トレを行うことに興味を持っています。

 

女性トレーナーの持つ「筋肉と脂肪のバランスが良く、美しいボディ」に憧れる人は多いです。

トレーナーが日常的に自身のボディメンテナンスをしっかり行っている姿を見ることは、モチベーションにもつながるでしょう。

ダイエット前の体を男性トレーナーに見せたくない

私たちは基本的にわがままです(笑)。

ダイエットやボディメイクを始めようと決意した時、男性トレーナーばかりのジムに行くことに抵抗を感じることはよくありますよね?

 

初回のカウンセリングなどで体重やサイズを測られたり、体型をチェックされることにも抵抗を感じる声を多く聞きます。

そして、男性トレーナーによるセッション中のボディタッチにも抵抗を感じる女性が多いです。

 

自分のカラダを好きになりたいという気持ちとは裏腹に、「次のダイエットにまた失敗したらどうしよう」という不安も抱えていることでしょう。

 

このような繊細な気持ちに寄り添い、恥ずかしさや緊張などの余分なストレスを抱えずにスタートできるのは、女同士だからこそなのです。

女性同士であれば、互いに理解し合い、共感し合うことができます。

ボディタッチが気にならない

レッスン中に男性のパーソナルトレーナーに体を触られることが気になったことはありませんか?

 

スクワットの際、お尻を突き出して身体の重心を下げる時に、真後ろから両太ももを押さえつけられるのは一瞬戸惑うことがあります。

 

プランクでは、両手のひらで腹筋と背筋を挟み込むトレーナーの手に戸惑うことがあります。

 

デッドリフトでは、肩甲骨を意識させるためにトレーナーに手を添えられることがあり、これにも戸惑うことがあります。

ベンチプレスでは、トレーナーが”大胸筋”を軽く触れることだってあります。

 

筋トレの経験がある人であっても、男性のトレーナーによるボディタッチが必要以上に感じられることがあります。

そのような場合、集中力を失ってしまうこともあります。

 

最近はウェアもボディラインがはっきりわかるセクシーなものが増えていますので、それを着てファッションも楽しみたいですよね。

 

女同士なら胸の谷間が見え過ぎていても気にならないかもしれませんが、「これちょっと見え過ぎかなあ」と気を使うのも面倒ですよね。

レッスンに集中するためには、何も気にせずに集中できる環境が望ましいです。

マッチョになる?という疑問は女性トレーナーが体現で安心

筋トレをすると、ゴリゴリのマッチョな体になるという誤解はまだまだ広まっていますね。

筋トレをしていると「どんな体を目指しているの?」とよく聞かれるのは、筋トレをゴツゴツした体型の男性が行うイメージが一般的だからでしょう。

 

筋トレに馴染みが薄い人にとって、マッチョな男性トレーナーはキツそうだったりハードなイメージが先行しますが、均整の取れた筋肉を持つトレーナーが目の前にいるだけで、それが一つの目標となります。

 

実際にトレーナーに聞いてみると、意外にも軽量のバーベルやシンプルな筋トレを行っていることに驚くことがあります。

 

また、食事に気をつけたり、お風呂上りに入念にストレッチを行ったり、肌のケアにも時間をかけたりすることがあります。

これらの美意識が美しいボディへの近道であることに納得できます。

持続可能で無理な筋トレをさせない

生理周期の関係で、甘いものが食べたくなったり、やる気が出なくなったりすることはよくありますよね。

 

実際に女性トレーナーに相談したことがあるのですが、彼女は理解してくれて「うんうん、わかるわかる!今日はメニューをストレッチ中心に変えよう!」と言ってくれました。

 

男性トレーナーでも理解してくれる人もいますが、自分が生理中であることを申告したくない場合もありますよね。

しかし、予約をキャンセルするのはもったいないと思ってしまうこともあります。

 

自分の状況を言えない時に、ハードな筋トレは本当につらいです。

実際、出血過多になるなどの話も聞かれます。

 

体は元気でも気持ちが沈みがちな状態の時は、臨機応変に対応してくれる女性のトレーニングやストレッチ系のメニューはとてもうれしいですよね。

 

また、特に栄養指導の資格を持たず、自分自身のダイエット体験でマイナス10kgや20kgの減量に成功し、ボディコンテストに出場するなど、自身の経験に基づいて指導する男性トレーナーもいます。

 

ダイエットの成功は素晴らしい参考になるかもしれませんが、出産後やアラフォー、閉経前など、女性の体に適切なアドバイスができるかはわかりません。

専門分野があるパーソナルトレーナーが人気!

専門トレーニング

一般的なパーソナルジムに来る女性客のリクエストの殆どはキレイなボディラインになること。

コンテストやボディービルの大会に出場するためのゴツゴツした筋肉体型を目指している人はほとんどいません。

  • キレイなくびれ作り
  • バストアップ
  • ヒップアップ
  • 産後ダイエット
  • 肩凝り腰痛冷え性改善

以上がリクエストの大半を占めています。

 

キレイなくびれ作り

腹筋背筋ばかりやってたら寸胴になるよ!と女性のトレーナーは良く言います。

ウエストからお尻にかけての曲線美を求める女心、理解してもらいやすさを取るなら同性トレーナーがオススメです。

 

バストアップ

胸の筋トレもニーズが高いですが、男性トレーナーには伝えるのが恥ずかしいという心理だとボディタッチが気になりすぎてレッスンに集中できません!

 

ヒップアップ

専門のジムが多く出店されているほどニーズが高い分野です。

トレーナーもジムも女性専門と謳っている所が多いです。ジム空間もセンス良いインテリアなど設えられていたりするので、通う事が楽しくなります。

 

産後ダイエット

助産師や看護師経験があるトレーナーがいたりすると、骨盤の歪みや体型、背骨や肩の高さまで面倒を見てくれます。

 

鍛えるだけではなく機能改善目線も入るのでその不調は起こるべくして起きているのか、焦って産後ダイエットを開始しないでもいい理由なども教えてもらえたと体験者は話ています。

美尻になりたい人、多数!

筋トレ経験が少しでもある人はさらに高みを目指し、「今のお尻をプリッとさせたい」や「お尻だけ鍛えたい!」とストイックなリクエストも最近は多くなっています。

 

美尻指導を専門にしたジムなどがあるほど、自分一人ではなかなか続けられない部位でもありしっかり指導してもらえれば成果が出やすいパーツだからこそだと思います。 

専門性は高ければ高いほどよい

指導者の立場で専門にするということは、その分野を他の人より深く掘り下げて勉強し、資格までも取得して活動しているので指名数も増え経験値が高くなります。

 

専門の知識や発信する情報量が豊富になることと、専門”症例数”が格段に増える事でより”選ばれるトレーナー”になりやすいのです。

 

特にネットで集客する場合は、この「専門性」が高ければ高いほど利用者は「あ、この人に習いたい」「私がレッスンを受けるべき人は、この人しかいない!」と思ってもらいやすいのです。

 

想像してみてください。もし、今あなたが歯のホワイトニングを受けようと歯医者さんを探している状況にいるとしていて・・。

  • 「うちはホワイトニングも、インプラントも、虫歯治療も、子供の矯正も、入れ歯もなんでもお任せ!」
  • 「うちは治療はしないけどホワイトニング専門!キレイにした症例数10,000件!」

と2つの選択肢があるとしたらどちらを選びたくなるでしょうか?あなたの未来のお客さまも同じ状態になるのです。

トレーナーの年齢は関係無し!

専門性が高いという意味合いで言えば「年齢」もあげられます。

お客さまの目的や悩みに応じて「マッチ」するならば若さは全く関係ないでしょう。

 

年代別に上げるお悩み傾向として多いのは下のようになります。

  • 20代→ダイエット
  • 30代→ボディメイク、産後ダイエット
  • 40代→ボディメイク、何をしても体重が落ちない
  • 50代→不調改善、筋力つけたい
  • 60代→体力維持

お客さまのニーズにマッチしたサービスをするためには年齢が若いトレーナーよりも年齢と経験(人生経験含む)を重ねた女性がお客さまからの信頼を得られることもあります。

パーソナルトレーナーの資格取得

資格取得に熱心

私の感覚ですが、女性のパーソナルトレーナーは美意識が高く、美への探究心と情報収集のアンテナ感度が男性よりも高い傾向があります。さらに、常に何らかの勉強をしている方が多いです。

 

彼女たちは自身も美しく健康な体を維持するために、食事や睡眠、スキンケアからリンパケア、腸の健康、血管のケアなど、細かく情報を収集し実践しています。

そのため、ヨガライセンスやタイ古式マッサージ、アロマ、栄養士、ボディケアなど、様々なトレーニングツールの指導ライセンスを積極的に取得している姿勢に感心します。

 

彼女たちは取得したライセンスの良いところをうまく活かし、総合的なメニューとして組み合わせ、お客さまのニーズに合わせて上手に提供しています。

 

また、SNS上で「パーソナルトレーナー」と肩書きを持つ人たちでも、多くの資格を取得しているのは女性の割合が多いように見受けられます。

細部までキレイ&丁寧&親切

男性でも気が効くトレーナーもたくさんいるので否定はしませんが、同性のトレーナーを選びたくなるのには理由があります。

 

①ハツラツとした雰囲気。

体育会系のトレーナーはセッション初日の第一印象の笑顔が素敵な人がとても多いです。

指導を受ける前の一瞬で「この人みたいになりたい」という憧れを抱かされることも少なくありません。

いわゆる”ジャケ買い”ですね。

 

②清潔。

サービス業なら当然ですが、相手が不快に感じない程度はもちろん、それ以上の美意識高めのトレーナーが多いように感じます。

 

ヘアスタイルや綺麗なウエア、指先、足先、髪質、匂いまで「いつも人に見られている」職業と感じて仕事をしている人が多いですね。

 

③指導が丁寧。

指導時間外でもカルテの整理や会話の中での話題などまめに記録してセッションに活かしている方が多いです。

「ちょっと話した事を覚えていてくれる」という何気ない気遣いは純粋に嬉しいものです。

 

メールレスポンスが早く送信時間なども配慮がある対応も信頼度がアップします。

 

④話し上手、聞き上手。

女性は「話しを聞いてもらいたい」欲が強い生き物。

その本質をよく理解しているデキるパーソナルトレーナーは、お客さまの声に耳をしっかり傾け、悩みを把握し的確に指導できるスキルが養われています。

 

⑤気配り上手

メニューの引き出しが多いパーソナルトレーナーは、お客さまの体調やテンションなどを察知して色々聞かずとも臨機応変に対応できます。

  

これは実際にあった話です。体調は良好、ノーメイクでレッスンを受けた時に男性トレーナーに「あれ?今日なんかしんどそうですね」と言われた事があったのですが、はっきり言ってこれは心外なのです!(><)

女性専用ジムも人気

オンラインならさらにトレーニングに集中できる

女性同士でも気をつけますが、特に男性のトレーナーと対面型でレッスンを受ける時は、距離が近くなることで気を使うポイントが多くなるのではないでしょうか(ウエア・メイク・ニオイ・ムダ毛・・)

 

オンラインレッスンの場合、細部まで気にする必要はありません。

少々部屋が散らかっていても隠せば大丈夫ですし、ノーメイクでも眉毛が薄くてもはっきり見えないので心配いりません(笑)。

 

自分の目標に集中して「痩せる」や「ボディメイクを成功させる」という目標に取り組むことで、効率良く突破できるはずです。集中力を高めて取り組むことができるので、成果も出やすいでしょう。

清潔感重視で通いやすい

女性専用のパーソナルジムが人気となっています。これらのジムではトイレやシャワーブースなどの水回りも清潔で、生理用ナプキンや髪ゴム、化粧水や汗ふきシート、コットンなどのアメニティが充実しています。

 

利用者の立場に立って施設を管理しているため、おしゃれなカフェのような雰囲気のジムが増え、利用しやすい環境が整っています。これにより、利用者の継続率も高まっています。

 

女性の多くはエステサロンなどで「癒しの時間を買う感覚に慣れている」ことを考えると、清潔な空間の提供は非常に重要なポイントですね。

 

利用者が快適にトレーニングを行うことができる環境づくりに注力しているジムが増えているのは素晴らしいことです。

専用パーソナルジムのメリット&デメリット

メリット

  • マンツーマンセッションでも施設内ですれ違う会員同士全員が女性。
  • どんな小さな体の悩みも解ってくれる。
  • 「お手本」となる美ボディなトレーナーから直々にレッスンを受けられる。
  • カラダの悩みを躊躇なく話せる。
  • 流行のファッションや子育て、食事の話題でも盛り上がれる。
  • 健康的なダイエットの方法を教えてもらえる。
  • ノーメイクでも恥ずかしくない。
  • まめなSNS発信で普段からおしゃれ情報が得られる。 

デメリット

  • 値段が少々割高。
  • 強度が優しめになりがち。
  • トレーナーが美人・美ボディ過ぎる。

トレーナーの需要高

最近では、女性専用のフィットネスジム(グループレッスン)が増えています。

これに加えて、同じ施設でパーソナルセッションも受けられるようなジムも増えています。

これにより、リーズナブルにグループレッスンを楽しむことができながら、個別のパーソナルセッションも受けられるというニーズに応えることができます。

 

グループフィットネスで楽しくストレスを発散し、同時にパーソナルセッションでしっかりとボディメイクを行うというルーティンになると、ダイエットが苦痛なものではなくなります。

楽しく運動することでモチベーションも高まり、効果的なトレーニングができるでしょう。

職業としてもお仕事たくさん!

女性専用フィットネス増加でニーズが急増!

前述したとおり、パーソナルジムの体験希望者の実に8割以上が女性客。

 

圧倒的に支持率が高い業界です。カフェみたいなジムやフィットネスクラブがどんどん増えて、ヘルシー女子でパーソナルトレーナーのニーズは更に高まるでしょう。

男性からも支持率高め!?

誤解をしないでもらいたいのですが、男性のお客様のアンケート結果によると、男性トレーナーの中には「アメとムチの使い方が上手でコミュニケーション能力が高い人が多い」という声も少なくありません。

 

男性のお客様にとっては、女性トレーナーからの「女性目線」でのボディラインの指摘も嬉しいということですね。

 

また、学生時代から運動が大嫌いでメタボで悩んでいる男性が、マッチョな完璧な体を持つ男性から指導を受けることは最初から「道は遠い」と感じてしまう場合もあります。

 

そのため、男性のお客様にとっては、自身と似た経験や現状を持つトレーナーとの対話や指導が、モチベーションの維持や成功への道を開く上で重要な要素となるのかもしれません。

 

高松のモテたい男性専門パーソナルジム

モデルなどのお仕事もできる

確かに、キュッと引き締まった二の腕やぷりっと上がったお尻など、美しい体を持つ女性トレーナーは雑誌やイベントなどでも活躍の場を広げることがあります。

 

自己ブランディングの一環として、彼女たちはYouTubeチャンネルを開設したり、パーソナルトレーナーとしての活動と並行して活動している人も多く存在します。

 

これにより、自身の知識や経験を広く共有し、多くの人々に影響を与えることができます。

彼らは自身の成功をモチベーションにし、人々の健康や美容への意識を高める一翼を担っています。

フィットネスインストラクターにもなれる

ダイエットを成功させて、フィットネスジムの楽しさや筋トレの楽しさを身をもって体験した女性は、フィットネスインストラクターやパーソナルトレーナーに転身する人も少なく有りません。

 

さまざまなフィットネスジムが誕生してきていて活躍の場はたくさんあります!

おすすめフィットネス記事