パーソナルトレーナープロフィールの書き方

この度はプロフィール掲載ご希望ありがとうございます!

プロフィールはしっかり制作するとインターネット上で

24時間365日あなたに変わって営業し続けてくれる頼もしい営業マンになります。

当サイトに掲載するPRは「女性客」のみがターゲットですので女性に向けて書いてください。

■プロフィール作成についてよくあるご質問

Q:『自分でログインして更新はできないのですか?』

 

A:はい。プロフィールの更新はこちらで行います。更新は半年から1年ごとに内容を見直して、変更は専用フォームから送信してください。レッスン可能時間は幅をもたせて記入ください。 

 

自動ログインしてトレーナーが更新できる検索サイトはよくありますが、内容が薄いページの量産になりがちです。

 

結果的にホームページ訪れたユーザーが選びにくく、離脱率が高くなります。これはホームページが低品質となり「見た目の賑わいはある」感じは出せますが「集客」に弱くなります。

 

当サイトのプロフィールは記入して頂く項目数が多く、手間がかかりますが、中、長期的な視点で見るとネット上にPRをし続けて頂くため、トレーナー個人のミニホームページのような存在として活用できます。

また、グーグルの検索結果でクリックされるようにこちらでさらに対策を施し集客につなげています。

資格の列挙だけではお客様の心は掴めません!

体験申込みの決断はプロフィールで決まる!?

プロフィールはネット上で24時間365日あなたに代わりずっと営業をし続けてくれる大事な営業マンです。

 

目の前にいるお客さまに自分のプレゼンをするつもりで聞かれる質問を想定しじっくり時間をかけて考えてみてください。

 

※いきなりフォームに記入していくのではなく、一度メモなどでご自身のキャリアの棚卸しをお勧めします。

 

あれもこれも出来ると書くのではなく、訴求すべきポイントを選び、これまでの指導体験事例などストーリーを一つ考えてみてください。

 

ご自身の理念、コンセプトをしっかり作ることは見込み客へのいい営業素材となります。

ペルソナの法則をプロフィールに活かしたプロフィール

ペルソナの法則」をご存知ですか?これはあなたが顧客にしたい人物像(ターゲット)を職業、年齢、収入、趣味、価値観などを具体的に設定をすることです。

  1. ダイエットもしたいが〇〇のようなヘルシービューティーを目指す30歳
  2. パーソナルトレーナーを探したい理由は美ボディ作り
  3. 職業はセレクトショップの管理職
  4. おしゃれに敏感
  5. 未婚
  6. ヘルシー情報収集はインスタ
  7. 料理が得意
  8. 自分でも料理インスタを開設
  9. 年収は〇〇円、経済的余裕あり
  10. 暗闇系、サイクル系、セルフエステなど流行りものはすぐに飛びつく新しいもの好き

という具合。

 

自分の顧客の一人を想像して(たった1人でいいです)その方に向けてどんなサービスをするか(喜ばれているか)を徹底的に想定する。

 

自分が提供出来ることも明確になると同時に、ユーザーが求めるサービスに集中できます。 

 

また、逆に言えば「自分が指導したくない顧客には選ばれない」という事もできます。

 

類は共を呼ぶ、ではないですが自分が指導していて快適だ、心地よいと感じるお客さまと過ごす時間が長い方が幸せです。 

 

プロフィールは自慢をしない、凄いと思われるようなことを書かないでも大丈夫です。

あなたのプロフィールに「共感」を生ませる

ターゲットが定まれば、これまでのキャリアの中で心に残るエピソードや感動的な実体験をストーリーのようにしてプロフィールに仕上げることも共感を生む良い方法です。

 

キレイに仕上げられたプロフィールばかりが共感を得られるとは限りません。

 

若い時の大失敗から生まれた大発見やお客様からもらった言葉、普段から考えている事など「人間味溢れるストーリー」を素直に書き出してみてください。

 

インスタやSNSのタイムラインやストーリーで流れ去って行ってしまうあなたの断片的な情報ではなく、いつまでも残るプロフィールとしてしっかりまとめて載せましょう。

  • パーソナルトレーナーになったきっかけ
  • あなたのこだわり・理念
  • 学生時代に一番頑張った事
  • あなたの夢や目標
  • 仕事で一番感動したこと

以上のような項目で考えてみてください。言葉に気持ちは宿ります。適当に書かれたプロフィールでは絶対にお客様の心は掴めません。

 

動画(YouTube)もぜひ制作してください。オンラインレッスンを受けたいと思う人は、先生の声色、人柄や雰囲気を知りたいと思います。

 

ただし、長すぎる動画はお客様は最後までなかなか見てくれませんので1分くらいにまとめてみてください。

 

オンラインレッスンの方は短編がいくつかあっても結構です。

 

(当サイトのビジネスモデル上、個人へ繋がる連絡先やホームページURL、屋号、SNSの個人IDなどは動画の中や説明欄に記載しないようお願いします。) 

お客様があなたのプロフィールで一番知りたい事とは?

インターネットでジムやトレーナー検索するお客様が真っ先に知りたい情報って何だかご存知ですか?

お客様が知りたいこととは・・。実は・・ズバリ! 

  1. 料金
  2. 対面型の場合場所(アクセス)
  3. サービス内容

これが、ユーザーのホームページ上での目の動きなのです!指導者やジム側としてはサービス内容を一番に見てもらいたいのですが、サービス内容は見られないままホームページを去ってしまうパターンも非常に多いのです。

 

ユーザーは数秒で一瞬にして立ち去ってしまいます。

 

サービス内容を押し出すのでは無く、第一印象でお客様の悩みを解決する答えをズバッと載せて心を掴むページを作らないといけません。

 

それは、

・ターゲット

・悩み解決法

・コンセプト

・指導法

・特化

・場所

など特徴を際立たせて見せる事。

 

「私が習うべき人はこの人だ」と興味を持ってもらえると自然とユーザーは読み進めます。

 

挨拶直後、ジムの特徴や自分の強みなど営業トークを繰り広げられてもお客様は引いてしまいます。

体験申込されやすいエッジが効いたプロフィール

例)

産後太りでお悩みの30代女性を見続け1,000人。マンツーマン30分。出産・産後ダイエット経験ありの女性トレーナーと脂肪燃焼&ウエスト中心引締めトレーニング!使うトレーニングツールはバランスボールとチューブだけの簡単筋トレ!

 

例)

ボディコンテスト出場希望者専門!空き枠公開ですぐに順番待ちが出来るトレーナー。◯大会で優勝の女性トレーナーがコンテストに勝てる食事コントロールの方法からウォーキング、ポージングまで指導!1回60分◯円!オンライン・出張レッスンもやってます!5回コースと10回コースの2コースから選べます!オフシーズンなら料金は◯円!

 

例)30代以上のリバウンドを繰り返す女性限定50名募集!私が一人で丁寧に責任を持って指導が出来る人数だけ募集します。 コース終了後も会員限定に配信される自宅トレーニング動画が見られます。頂いたお喜びの声は1000通以上!次回の募集は半年後!

継続に至らないぼやけたプロフィールとは?

例)お客様の悩みに合わせて、どんなトレーニングも対応します。食事管理もおまかせください!

 

例)20代〜80代まで老若男女の指導成功経験アリ!最高マイナス18kgの減量成功事例あり!まずはカウンセリングへ!


 

いかがでしょうか?1の方が悩みがはっきりしていて目的意識が強い顧客があなたのレッスンを狙って申込をしてきてくれると思いませんか?

 

逆に2のパターンは、どんな人をターゲットにしているのかがもやっとしています。この人本当に指導しているのかな?とさ感じさせますね。

 

ぜひあなたのサービスにエッジを効かせてください。

これまでお客様から頂いた感謝の声や実績などもあれば写真や動画を含めて収集しておいてください。一緒に掲載できます。

 


 

前置きが長くなりました。では、ここから具体的に項目ごとにどのように記入すればいいかお伝えします。

 


プロフィールの各項目について

ホームページ上の名前

姓名もしくは名。

体験レッスンについて

・オンライン型

オンラインレッスンの所要時間、レッスン料、支払い方法。銀行振込やペイペイ、LINEペイ、スクエアなどの電子決済システムなどを使う場合は具体的に記載。

・対面型

事前払いか、当日受け渡しか。

経歴

これまでの経歴を記入してください。

資格

資格の羅列だけではなく、過去に担当したお客さまの成功事例なども掲載することをお勧めします。 

 

持っている資格の内容説明ではなく、その価値であなたがどんな悩みの人をサポートしたのか、具体例と共に記載すると「共感」が得られます。

 

 

ポイントは「この人だったら悩みを解決してくれそう」とどれだけ思わせられるか。です。

レッスン環境(場所)についての補足事項

オンライン→

 

使用するビデオ通話でシステム、アプリなど記載。レッスン開始までの流れなど詳しく。

 

 

 

レンタルスペース→

主に使用するレンタルスペースはいつも同じ場所なのか、毎回変わるのかどうか。お客さまに用意して貰う必要があるツール・グッズがある場合は具体的に記載してください。

  

所有のジム→

施設広さ、設備、個室か否か、男性客もいるジムか、共有スペースの使用方法など(トイレ、水回り、更衣室)、入れ替えの時間に男性と鉢合わせするかしないかなど、想定される質問についての回答を記載。

 

出張→

トレーナーの交通費のお客様負担金など詳細に記載してください。(23区内一律◯円や実費など)

 

遠すぎる場所になると余程専門性が高くない限り指名ほとんどありません。出張可能な場所については駅名でおしらせください。(地名が多すぎる場合は、編集させて頂く場合があります。)

対面レッスンの場合、具体的な地域と最寄駅

場所→

「東京都渋谷区代官山」とし、番地などの詳細までは不要です。場所の詳細はお客様との対話で個別にお知らせください。

 

最寄駅→

「JR渋谷駅」とし、◯番出口から徒歩◯分、◯◯スーパー近くなどランドマークなども記入してください。

レッスン可能日時について

例)半角数字で記入してください。可能時間はある程度幅をもたせてください。

  • 月曜日 9:00〜19:00
  • 火曜日 ×
  • 水曜日 9:00〜12:00
  • 木曜日 第1週目以外9:00〜21:00
  • 金曜日 9:00〜21:00
  • 土曜日 ×
  • 日曜日 9:00〜21:00

※24時間フィットネスジムなど、館内で無許可でトレーニング指導することを禁止しているジムもあります。ルールを守って自己責任で当サイトをご利用ください。

スケジュールに関する補足

スケジュールに関する補足を記入してください。

具体的なレッスンの内容

自分が一番得意で売りたい商品を多くても3つくらいにしぼりましょう。

 

コースが複雑にすれば専門性がぼやけると同時にお客様は選びにくくなります。他の商品紹介は、体験に来てもらった後に直接営業しましょう。シンプルが一番です。

 

コースが定まった後、それぞれどんな悩みの人向きかを上げて、具体的な指導方法を書きましょう。ここはしっかり作りあげましょう。

 

・指導に使うツール紹介

・部位ごとのトレーニングの順番紹介

・具体的な食事指導の仕方

 

などどんな小さな事でも結構です。お客様が読んでビジュアルでイメージしやすいとより良いです。

 

(例)

体験レッスン60分◯円(トレーニング30分、カウンセリング30分)

都度払いレッスン60分

 

1.ダイエットコース ◯円

内容→・リバウンドをくり返す人、集中して痩せたい人向き。食事アドバイスはLINEで指導。半年間で目標の体重まで健康的に減量をめざします・・etc

 

2.パーソナルトレーニングコース ◯円

内容→・健康維持を目指す人、肩凝り腰痛冷え性などカラダの不調改善目的の人向き。簡単な自重トレーニングで運動に慣れている人も初心者も引締めできます・・etc

 

3.ビデオ通話トレーニング ◯円

内容→ZOOMでビデオセッション。セッション◯分前までにお振込みが確認出来た方に通話開始◯分前にセッション入り口のURLを送信します。ご用意頂くものはヨガマットです。

コレが自慢!特に得意なレッスン

漠然と「ダイエット」とだけ書くのではなく、指導コンセプトに基づいたあなたオリジナルの指導方法を記入して下さい。

 

(例)週に1日チートデーを設けてメリハリあるトレーニングで◯ヶ月で◯kg減量目標にするダイエット。

 

などお客様が「ワクワク」する気持ちで始められるように得意なレッスンを紹介してください。

キャンセルルールについて

予約のキャンセルルールを記載してください。

(例)レッスン開始24時間前までは無料。など。

オンラインで使用するビデオ通話システムは?

可能な使用システムを記入してください。

その他PRやご覧になっている方へ一言

・これまで指導したお客様の成功事例

・お客様の喜びの声

・権威ある方からの推薦文

・レッスン内容の補足

・健康系以外の意外な趣味

・好きな言葉や座右の銘

・人から珍しがられる特技

・好きな映画や音楽

 

など、指導者としてだけではなく個人のパーソナリティに親しみを持ってもらいやすい事などなんでも結構です。お客様があなたとの小さな接点を見つけることで安心感が得られます。 

動画作成について

1テーマ1本にして30秒〜1分の短編を複数本用意する事をおすすめします。(YouTubeへ未アップのものでも可能。)

 

※概要欄に連絡先を載せているなど、当サイトの主旨に反し集客サポートが難しいと判断したものはお知らせ無くお断りとさせていただきます。

自己紹介動画

最初に記入した経歴の内容などを1分程度話すなどでも構いません。理念や夢を語ってもいいでしょう。お客様は習う前にトレーナーの顔、声質、雰囲気を動画で見られると安心します。

 

体験レッスンで初顔合わせのはずが、「動画を先にみていたから初対面じゃない気がする」という気分になって滑らかな出だしになるようです。

セッション動画

可能な限りレッスンの雰囲気が解る簡単な動画も作成しましょう。ただし、笑顔でレッスンを行っている様子でお願いします。ものすごい形相で重いバーベルを持ち上げる動画はマイナス効果です。 

施設設備動画

普段トレーニングを行う施設〜更衣室やシャワーブースなどの動画も公開出来る範囲で紹介しましょう。お客様は自分がその場でトレーニングをしている姿を想像しやすくなります。

 


以下は、ホームページの集客目的の情報提供の要素として集約したり、SNSで紹介したりする可能性があります。パーソナルトレーニングを始めようと思っている方へメッセージをお願いします。


パーソナルトレーナーの選び方

男女関係なくどんなパーソナルトレーナーを選んだらよいか、あなたならどのようなアドバイスをしますか?ぜひ、教えてください。

女性パーソナルトレーナーを選ぶメリット

お客様から頂いた感想や、自分の経験談からどのようなアドバイスをするかおしえてください。