【女性】ジム初心者の服装選びって?

初めてのジム通い。周りのみんなはどんな服装を揃えて来るものなの?と期待と不安でいっぱいですよね。

 

運動なんて久しぶりすぎて今の流行も解らないし、かと言って全然動けないのに服装だけバッチリ決まってるっていうのも浮いてしまいそう・・。 

  • ぽっちゃり脇肉をひとまず隠しておきたい。
  • パンツのラインどうしたらいい?
  • お股の部分(Yゾーン)でぴっちりタイツの時みんなどうしているの?
  • 胸が小さすぎる、大きすぎる、そんな人にオススメは? 

などなど悩めるジム活初心者の女性のために、フィットネスジム歴20年以上のエクササイズ・フィットネス・ヨガなんでも大好き筋トレ女子の筆者が、同じ体験をしてきたジム初心者の気持ちに寄り添ってアドバイスします。

ジム通い初心者・ぽっちゃりさんの服装選び何がおすすめ?

まず、あなたが入会したジムはどんなジムですか?

  1. 総合型スポーツジム(マシンジム・スタジオ・プール・大浴場・サウナがある大きな施設)
  2. 女性専用フィットネスジム(暗闇・ボクシング・ホットヨガ・ハンモック・サイクル系)
  3. パーソナルジム(トレーナーと1対1で筋トレを行う施設)

ジムと言っても多種多様。私事で恐縮ですが、20数年前は2の総合型スポーツジムくらいしかありませんでしたが、っ初心者さんが感じる『ジムでの服装』問題を同じように悩みました!

 

スタジオレッスンの参加者はみんな自分より先輩。上手かどうか二の次、自分の着てきたウエアが正しかったかどうかばかりが気になっていた事を覚えています・・。

ジム初心者におすすめボトムス

伸縮性が高くちょっとの”たわみ”が救いのカプリパンツ

大手のスポーツジム(オアシス・コナミ・ジョイフィット・ルネサンス・NASなど)は、年齢層がとても幅広く10代の学生から80代の方までいらっしゃいます。

 

都心中心部にあるジムなどでは多少変わりますがなかでも30、40代の人口が多めです。

 

何を着てももちろんOKですが、一般的な総合型ジムや女性専用フィットネスジム系でのTPOを知りたいと思われている場合、いきなりセットアップの腹出しボディラインくっきりのウエアを着ていくと確実に浮きます。

 

まずはオーソドックスなカラー(黒・紺・グレー)のヨガ用のゆとりが少しあって伸縮性が高いカプリパンツに機能性の高いトップスと言うスタイルなどがおすすめで無難。

 

初心者さん心理は、

  • 目立ちたくない
  • 場違いな格好だったらどうしよう

だと思うので、総合型スポーツジムで着るジムウエアは、暗闇系でもヨガ系でもロングで足首がちらりと見せられるカプリパンツがオールマイティーでおすすめ。(^^)

 

より機能的なアウトドアブランドのウエアを着るのもいいですが、「ザ・山ガール」みたいなウエアはちょっと浮いてしまいます。ロゴポイントTくらいにとどめておいて。

 

たまに、学生時代にバスケやバレーをやっていたという”部活の名残り感”がウエアに出てしまう膝丈パンツを履いている若い女性がいますが、初心者感を排除するならロング丈を選びましょ。

 

「カプリパンツ」とか、「ウーブンパンツ」で検索するとヒットしますよ。 



ジム初心者さんも抵抗無く履けるお尻や下腹部、太もものボディラインがくっきりでないタイプのゆとりが少し有るパンツです。

 

速乾や素材など機能的にも優れているスポーツブランドなので間違いなし。

 

綿100%やジャージ素材は汗をかく前から重く、縫製もストレッチが効いていない糸を使っていたりするので伸縮性が悪いので不向きです。

 

ストレッチをすると、”プチップチッ”とどこかの糸が切れる音が聞こえたりします。

高校時代の部活や体操服を着ることはダメではありませんがせっかくのジムデビュー。モチベーションややる気もアップするのでここは新調しましょう。 

ウエストまわりの分厚いゴムなどの”ゴワゴワ”はできるだけ回避しよう

「とりあえず運動ができたらどんなパンツでも良いや。」という気持ち、あると思います。

 

ですが、最近のフィットネスウエアは機能性とコスパが高いです。「安い」からという理由で選択はちょっとお待ち下さい。

 

運動の種類にもよりますが、できればウエストまわりはシンプルでスッキリしたものを選んだ方が良いです。

 

汗をかくとウエストまわりのゴムが昔の体操服のジャージのようにゴアゴアしているとかなり暑いです。またベルトのような器具が腰回りについているとヨガなどうつむく体勢ではお腹に当たるので邪魔になります。

 

ランニング用も腰にチャック付きのポケットがあったりするのでこれが体に当たると痛く、着るのが嫌だなあとなってしまうでしょう。 

 

スポーツメーカーが出しているウエアはその用途に応じて機能性を考えて作られているのでちょっと高価でも選ぶ価値があると思います。

 

タオルやドリンクを入れておきたい場合は、ミニバックやポーチを持って移動することをおすすめします。

 

ジムエリアは汗など水があちこちについていることが多いので、コットン素材を選ぶなら洗濯しやすかったり安いものがいいでしょう。

 

ナイロン素材だと汚れは拭き取りでOKなので、こっちがおすすめです。 


初レギンスタイツはプチプラユニクロが強い味方

人気すぎて売り切れ中のユニクロのエアリズムレギンス(泣)
人気すぎて売り切れ中のユニクロのエアリズムレギンス(泣)

中でもユニクロエアリズムのUVカットソフトレギンスは、素材と股下の縫製が抜群に着心地が良く優秀なレギンスです。

 

暑い屋外のウォーキングでも汗をかいているはずなのにちっともベタつかず手放せません。人気過ぎて売切続出

なのですが、シーズンになり改善され再販されることを期待しましょう。

 

サイズ感はタイトなのでお腹まわりに余裕をもたせたい人はワンサイズ大きめを選ぶことをおすすめします。 

 

肉付きがいい人は締め付けない程度にしっかりフィットしてくれるのはもちろん、痩せ体型の人も股周辺や膝まわりに”たわみ”が出にくくキレイに足を見せてくれるので「足カッコいいね」とジムで良く言われるという秀逸タイツ。

 

トレーニングにもヨガにも普段使いにもなんでも使えるのでジム初心者さんにはおすすめのレギンスです。

 

ただ、履く時に少しでもきついと感じると脱ぐときは汗を吸うのでもっときつくなる場合があります。

 

一度ストレスを感じたタイトレギンスはなかなか次着ようと思えず着なくなってしまいますので素材や着心地選びは要注意。 

ヨガ・ピラティス、サイクル系はピチピチタイツがベター

「足が太いから恥ずかしい・・」という気持ちもわかります。でも黒だとスタイリッシュかつシェイプされて見えるので堂々と履いて大丈夫!キモはトップスのサイズ感。それは読み進めて後半にご紹介します!

ボトムスは、フィットネス初心者さんもぜひピチピチのレギンス・タイツ系がおすすめです。

 

フィットネス目的の場合は、ランニングレギンスを選ばないこと!

 

理由は、

腰まわりにファスナーポケットがあることが多く、仰向けの姿勢を取るフィットネスには不向きです。

 

タイツスタイルの上にショートパンツを履いてお尻を隠そうという気持ちで着る人がいますが、これは逆に”お尻”を強調してしまいます。

 

サイドにラインが入っているタイツを選ぶとお尻から脚の視線が直線的になる上、脚長見せ効果もできるのでおすすめ。

 

お尻をしっかり出すことで自分のボディラインを自覚もするので楽しみながら鍛える目標も見つかって一石二鳥です。お尻はどんどん出していきましょう!

脚に3本のストライプが入ったソフトで伸縮性のあるアディダスシグネチャータイツ。ヒップから足首まで体を包み込むフィット感!

アシンメトリーなデザインが目を引くウィメンズレギンス。伸縮性に優れ、ソフトで快適な履き心地のコットンジャージー素材を使用。

汗水分を素早く吸収して、外部へ発散して常に体がドライに保たれる機能性の高いタイツ。ジムはもちろん夜間のランニングにも適した、視認性の高いリフレクター。


アンダーアーマーブランドアンバサダーの中村アンさん、素敵ですね♡こんな美ボディ憧れます。

女性を悩ますレギンス・タイツ下着問題

ボディラインがくっきりはっきり出るピチピチのレギンス・タイツを履きたいと思っている女性の素朴な疑問。

  • 下着ライン
  • お股ライン

ですよね?これの解決方法は筆者の実体験とこれまで知り合ったたくさんの女性インストラクターから教えてもらった対策方法をお伝えします!

 

まず、下着問題。こちらの対策はユニクロのエアリズムウルトラシームレスショーツ(ヒップハンガー)・(ビキニ)が9割解決してくれるでしょう。

 

中にはアウターに響かないTバック的なのを使用する人もいますが、かなり上級。

 

わたしは黒やネイビーといった濃いめカラーのタイツを履くので縫い目が響かなければユニクロで十分です。 


 次にお股ライン。(フィットネス女子におけるYゾーン問題)

 

「厚め」のレギンスを選ぶと比較的その心配はしなくてもいいのですが、レッスンをしている側の女性インストラクターの中には「ショーツを履いてない」という衝撃の答えを聞いたことがあり、びっくり。

 

1日に何本もレッスンをするたびに着替えでショーツが増え続けるからいっそのこと・・ということでしたが素人は真似できません!

 

他にも「おりもの用シート」を活用するという声も女性会員同士でもよく話題になっていました。

 

ただ、激しい動きを伴うレッスンの場合は、しっかりショーツにつけておかないとズレが生じて気になって仕方なくなるという意見も。(おりもの用シート2枚をクロスに重ねて下着に付けるそうです!) 

注意ポイントは薄い生地のレギンス・タイツを選ぶとやはりどんな下着でも「パンツライン」「ボディライン」が目立つし心配ということ。

 

値段的には少し値段が高めの素材もナイロンやポリウレタンのレギンス・タイツを選ぶと生地が厚めの場合が多く、パンツラインも、ボディラインも気になりません。

 

素材はナイロンやポリウレタンが良いです。綿(コットン)タイプは汗をかくと確実に汗じみが浮いてでてきてパンツのラインが透けちゃう・・って大惨事にもなりかねません。

ジム初心者におすすめトップス

ノースリーブに抵抗がある人もいると思いますが、ジムに一旦入るとノースリーブ派が結構多いですので、早く紛れ込んでしまいたいと思う人はノースリーブがおすすめです!

 

ノースリーブは襟ぐりと肩の露出が多くなると『やる気満々』に見えるので、フレンチリーブやショルダー幅が広く、襟ぐりが浅く首までしっかり詰まったタイプのノースリーブを選ぶと露出感が軽くすみますよ。 

タンクトップは着丈がポイント

タンクトップに抵抗が・・という方は、Aラインまで行かなくてもお腹(お尻)の真ん中あたりまでの着丈があるものならかなり使えます。

  

表向きは露出が少なくても袖から肩甲骨がバックリと大きくカットされて背中丸出し!というようなのもありますのでハミ肉を気にしている方は背面デザインチェックは必須です。

 

ナイキやリーボックなど大衆的なスポーツブランドはシーズンが終わればセールがやってきます。

初心者さんはこのセールでサイズ感を確認するためにもまずは一着買って見るのもおすすめのショッピング方法。

  

お気に入りブランドが見つかるとその後はネットで購入する時のサイズが決まっているので買い物しやすくなります。

エクササイズに合わせてトップスを変えるのもアリ

 胸が小さかったり肩が華奢な人だとと襟ぐりが大きいウエアはヨガでうつむいたり前屈した時に中が丸見えになるので襟ぐり浅めはマスト。 

 

逆に胸が大きい方はブラトップで調整している人が多いように思います。

 

胸の大きい人はボクシング系やHIIT系の激しい動作のレッスンは胸が大きく揺さぶられるのでブラトップや服装もあったものを選びましょう。

 

もちろん普通のブラジャーは仰向け姿勢などでホックが外れてしまう可能性があるので絶対避けましょう。


ヨガや調整系は襟元が詰まったノースリーブがおすすめ

ヨガでは写真の様なダウンドッグというポーズが必ず出てきます。

 

腰回りのお肉を隠したい気持ちでウエストに締まりが無い服を選びたくなりますが、ダウンドッグをすると隠せていたはずのお腹まわり(下手すりゃ背中全部)があらわになってしまいます(泣)。

 

ヨガ専門のウエアブランドだとこのめくれ上がらないポイントを抑えたウエア選びができますよ。


エンタメ・暗闇系フィットネスならポップカラーでモチベアップ

ボトムスが暗めのパンツやタイツを選びがちになるので、トップスはポップカラーを選ぶとモチベーションも上がります。エンタメ系は多少派手なウエアでも大丈夫!おしゃれにキメこんで行ってもいいでしょう!・・

 

実際、先に紹介したようなスタイルの方が多いですが、エンタメ系フィットネスジムの利用者は20,30代女性が多いので、カラーがピンク、黄色、ブルーといったカラフルなウエアの女性が多くてとっても可愛らしいです。



ボディラインを隠したい、隠したい、と思うあまりパンツもぶかぶか、Tシャツもぶかぶかというスタイルはちょっとオシャレではなくなってしまいます。露出が少なくゆとりあるトップスを選んだなら、パンツはレギンス・タイツなどスッキリしたスタイルにするとこなれ感がでますね。

ジム初心者のためのスポーツブラの選び方

女性はお胸がある方もそうで無い方も必ずスポーツブラは必要と言われています。 

 

バストの揺れを抑えクーパー靭帯への負担を軽くするのが大切だからです。クーパー靭帯が伸びたり切れることはバストの下垂に繋がると言われています!!大変!

胸の谷間・襟ぐりの深さが選ぶポイント

個人的にはブラトップはナイキ派なので他のブランドの特徴はわからず個人的感想ですが、ナイキのブラトップは襟ぐりが比較的浅く、いわゆる”胸の谷間”のラインがしっかり隠れるタイプが多いです。

 

ナイキは形のデザインはそれほど展開は無いにせよ、ホールドタイプもライト〜ミディアム〜ハードの段階が選べます。ヨガなら柔らかめ、ボクシングやランニングなら揺れをしっかり防ぐハードを選ぶといいでしょう。

 

リーボックのウエアはよく着ているのですが、ブラトップに関しては襟ぐりが広め肌の露出が多め、腕立て伏せや前傾姿勢をとると胸の奥まで見えてしまいそうになるので”谷間”を隠したい人はナイキがおすすめかなと。(それほどバストは無いですが・・汗)

 

デザインや機能面ではリーボックは多種多様あり、胸のクーパー靭帯を保護するような高いホールド力があるモデルが開発されたり、フロントチャックなどファッション性が高いものが多くあります。

 

タウンユースでアスレジャーファッションも楽しみたい人にはリーボックやアディダスはおすすめ。 


パーソナルジムやホットヨガではセットアップウェアもあり

パーソナルトレーニングだからこれを着ないといけない!とか、これがおすすめというものは無くスポーツジムに行くスタイルでもエンタメ系フィットネスジムに行くスタイルでも何でもOKです!

 

初心者さんには少しハードルが高くなる格好ですが、少し体が締まってボディラインがキレイに見えてくると最近のパーソナルジムではアースカラーのセットアップが大流行しています。

 

レギンスはハイウエストでトップスは短め。アースカラーのウェアでヨガマットと同系で合わせたりするとグンと上級者風に見えますよね♪


慣れたらレギンス一枚に!ボディラインを気にしてみるのも美ボディへの近道!

レギンスにショートパンツを合わせて「お尻を隠したい」気持ちありますよね?最初はいきなりレギンス一枚でお尻のラインもろ出しっていうのは抵抗あるわ〜という女性も多いと思います!

 

ジムに通い慣れないと恥ずかしくて勇気がいるスタイルだと思いますが、フィットネスが楽しくなってきたら、その時はぜひ、ボディラインが少しはっきりするようなスタイルに変えてみてはいかがでしょう?

 

以前と比べて鏡に映る自分のお尻がプリッと上がった?とか太ももの間に隙間ができた!とかちょっとした体の変化を見るのもモチベーションがもっと上がります。

 

あと、このショートパンツを取り去る事で選択ものが減るっていうメリットもありますよ!(^^)

一般的なジムで目立ちすぎる服装5つのスタイル

あくまでジム初心者さんに向けてのアドバイスです。流行を意識しながら選ぶジムの服装はこれからのフィットネスライフを続ける上での楽しみの一つになると思います。

 

大都会のホテルの中にあるようなラグジュアリー感漂い、一流セレブが通うジムに通う人以外、一般的なジムではこれまで紹介してきたようなスタイルが「無難」といえます。(^^) 

  1. ブラトップ(肩ヒモ細め)でお腹丸出しスタイル
  2. ショートパンツにピチピチのタンクトップ、ハイソックスにキャップを深くかぶっているスタイル
  3. Tバックがスケスケの白いレギンスパンツ
  4. でかいヘッドセット
  5. スポーツウエアブランドじゃない、全身高級ブランドスタイル 

外国のジムにいけばたくさんいますが、いわゆる日本の”スポーツジム”にはあまりいないタイプ。美尻専門や美ボディ作り専門のジムで体のラインを自覚するために意識している人もいます。

 

雑誌に載っていたり、モデルがSNSで投稿しているようなファッションをまるまるお手本で選んでしまうと「あれ・・めっちゃ浮いてる?私・・。」となりかねませんので注意が必要かも。

 

素敵なジム女性は、派手で目立つウエアを着ていなくても歩く姿勢、立ち振舞、トレーニングフォームの美しさなど、周りが見てもハッとするようなキレイオーラが漂っています。 

 

そういう人に共通してウエアはとてもシンプルな気がします。ボトムスは黒のレギンス・タイツタイプ一本にしぼりトップスも一つのブランドに決めて2,3枚ローテーションしているだけという人も見ていて清々しいなと感じます。


スポーツウエアの臭い問題とオススメ洗剤

スポーツウエアではナイロン、ポリウレタン、ポリエステルなどの素材が多く使われています。メリットデメリットがそれぞれあります。

 

メリット

・耐久性がある。色あせやヘタリが少ないので長く着られる。

デメリット

・汗を吸ったウエアを長時間放置すると洗濯をしても臭いが取れにくくなる。

 

スポーツジムあるあるですが、この見た目の褪せ感が少ないため、ウエアをなかなか新調しない方もいらっしゃいます。

 

自分ではなかなか気づかないかもしれないこの臭い問題、レッスン前の汗をかく前は臭わないんです!汗をかき始めたと同時に一気に臭いが充満してまわりに迷惑をかけてしまうということもお忘れなく!

 

長く着るためのオススメの洗剤もありますが、ある程度着用回数が多くなれば新調しましょう。

 

化学繊維のウエアはコットンと違い見た目の傷み具合がなかなかわかりづらいです。見た目は悪くないので新調しないでいるとちょっとの汗ですぐ臭くなってしまいます。

 

臭いを打ち消すために柔軟剤を多めに洗濯している方も多いですが、香水と同じようにスタジオでは臭いがかえって迷惑になる場合もありますので要注意。

 

柔軟剤ではなく、洗濯洗剤+漂白剤で洗濯するとスッキリさっぱり無臭に仕上がるのでおすすめです。


ブラトップは内部にパットが入っている事が多いですが、洗濯時は多少面倒でもこのパットを取り外して洗濯するのがオススメです。

 

乾燥機で一気に仕上げる場合は臭いもすっかり無くなりますが、干して乾かす場合は少しでも生乾きがあれば次に着用した際に、そこから嫌な臭いを感じる事があります。

 

汗を吸ったウエアは時間をおかずできるだけ早く水洗いで流したり、水を入れた洗面器に付けて置くだけでも臭い残りを防ぎやすくなります。

ジム初心者さんはシューズ選びも慎重に!

ヨガスタジオに通うならシューズは不要ですが、フィットネスジムの場合軽めの通気性が良いシューズを選びましょう。

 

タウンユースでファッショナブルなシューズは重たく、フィットネスには不向き。

 

しかもソールがスタジオフィットネス用になっていないのでつるつる滑って足の怪我に繋がります。

 

また、ランニング用を選んでしまうと軽くて良いのですがソールにイボイボ(ポチポチ)が付いている場合が多く、これもまたスタジオレッスンでは踏ん張りが効かずツルンと滑ってコケてしまいます。(私は何度も失敗しています)

 

エアロビのクラスなどでは足首を保護するためハイカットのシューズを履いている人も見かけますが、私は持ち運びが面倒なので、ウェイトトレーニングもエアロビクスも全て同じシューズで対応しています。(できなくない。)

 

デザインが良くても室内で使う目的によって靴底を見てフィットネスシューズの選び方は慎重に決めていってください。


40代女性のジム服選びは・・?

遠慮したくないけど、失敗もしたくない!ジムデビューした悩めるアラフォー40代大人女性のジムウエア選びについて。