オンラインパーソナルトレーニングのやり方

筋トレ歴20年、リモートワーク10年、大阪京都などの人気パーソナルジムWEB集客5年のネット集客に強いWEB制作担当が教えるオンラインでパーソナルトレーニングを指導したいトレーナーさんに見て欲しいおすすめビデオ通話ツール、有ると格段にオンラインレッスンの質が上がる、ミキサーやマイクの紹介など。

 

レッスン料授受、セキュリティなどクリアにして地域や場所を選ばないオンラインレッスンで新しい顧客・商圏がぐんと広げませんか?大きなビジネスチャンスです!

 

外出せずに自宅で運動がしたいと思っている人、テレワーク・リモートワークで運動不足気味の人のために環境を整えて早速始めて行きましょう!

オンラインパーソナルトレーニングを受けたいと考えている人にとって、インスタグラムやツイッターなどSNSでハッシュタグから見つけるという手もありますが、タイムラインで流れていく一瞬の情報では《あなたの技術》に目を留めてもらうのはとてもむずかしいです。

 

自分のキャリアや人柄、どんな指導ができるのか情報を整理されたプロフィールにしておくのはとても大事なことです。

→オンラインパーソナルトレーナー募集

 

閲覧者にとっても、簡単に見つけられても自分の望むレッスン内容が果たしてちゃんと受けられるか、ビデオ通話がうまく繋がるか心配・・。など不安材料もたくさんあります。

 

インターネット環境、Wi-Fiさえ整えられていれば、ジムでマンツーマンのレッスンを受けている感覚と同じようにいつもの筋トレが続けられます。 

オンラインパーソナルトレーニングで指導したい人は知ってて欲しい

テレワーク・リモートワークで在宅時間が長く運動不足になっている人にむけて、対面型のパーソナルトレーニングと同様にサービス展開したいと思っているパーソナルトレーナーの方におすすめのオンラインレッスンを始める時のちょっとしたヒントです。

オンラインレッスンは公衆Wi-Fiは使うべからず?!

カフェなどで利用できるフリーWi-Fiはセキュリティが非常に甘いと言われています。

 

レッスン料の授受について銀行口座を指示したり、個人情報が残るようなデータのやり取りはお客様のためにも避けたほうが良いです。


オンラインパーソナルトレーニングの始め方

Skype Meet Noe(スカイプミートナウ)・zoom(ズーム)・LINEビデオ通話・インスタグラム・Whereby(ウェアバイ)・Facetimeなど手軽にビデオ通話が出来るアプリケーションがたくさんあります。

 

これらを用いてパーソナルトレーナーと1対1でオンラインで繋がり自宅にいながら本格的なマンツーマントレーニングが受けられます。

 

お互いに同じアプリケーションをダウンロードしてIDなどを知らせる必要のものもあれば、主催者側(トレーナー)がインターネットで会議室を作って利用者はそのルームを訪れるだけで簡単にレッスンが受けられるようなシステムのものもあります。

ビデオ通話システム選びは慎重に

一覧でおすすめビデオ通話システムを書いているそばから、エーミングがコロコロと変わっていく程新しいビデオ通話サービスが誕生しています。

オンラインレッスンのビデオ通話ツール

各ビデオ通話ツールは多種多様。アプリをダウンロードしたすぐに直感で使い始められるものもあれば、仕組みをしっかり理解して出来る事を知って自分のやりたいレッスンに一番適したものを選ぶと良いです。

 

簡単だから、他の人も使っているから。という安易な理由で始めてしまうと自分のビジネスモデルが変わったり、サービスが停止した際などお客様にも不便をかけてしまいます。

 

いくら無料ツールが便利でも、セキュリティが弱くアップロードのタイミングや、新情報入手先をきちんと把握管理しておかなければ大変危険な場合もあることを忘れてはいけません。

 

有料ツールは一般企業なども導入していたりするのでサポート体制があったり、公式サイトを見にいけば問題が解決するヒントがすぐに見つかる場合があります。

ビデオ通話ツール選びに迷った時は

それぞれのツールの使い方を詳しく知る方法の一つとして、YouTubeで「◯◯(ツール名)の使い方」で調べて動画を見たり、インターネットで「◯◯と△△ 比較」や「◯◯と△△ 違い」「◯◯と△△ メリット・デメリット」などで検索してみてください。

 

その際古い動画や古い記事情報を見るのではなく、できるだけ最新の情報を入手しましょう。(ツールの名称がコロコロ変わったりすることも頻繁です!)また、検索結果ではできるだけ公式サイトからの情報を入手しましょう。

 

(以下、公式サイトから参考資料)

スカイプ使い方

FaceTime使い方

リモートワークで役立つLINEの使い方


オンラインレッスンの質をあげる音楽機材

カメラスイッチャーで視覚からオンラインレッスンの質を向上

ワンランク上のライブ配信を提供したい人におすすめ

自分のフォームを複数のカメラを用いて撮影してお客様に見せて示したいなど完璧なレッスンをしたいと思っている人にはスイッチャーがあると更に本格的なライブレッスンが提供できます。

ATEM Miniスイッチャーを使用すると、プロフェッショナルなマルチカム・プロダクションを簡単に作成して、YouTubeのライブ配信や、SkypeやZoomを使った革新的なプレゼンテーションが可能になります。


ミキサーで音とマイクでオンラインレッスンの質を向上

音楽付きのダンスやグループレッスンで少し広いエリアでオンラインレッスンをする場合、「声が聞こえにくい」「音が反響してぼやける」「音楽が楽しめない」などは指導側も受ける側の両方のストレスになります。

 

これではどうしても素人臭くなってしまいます。

 

スタジオのライブレッスンを受けているのと変わらないような音質を保つには、ミキサーを用いて音源から直接流して雑音が入らない仕組みにしなければいけませんね!

 

オンラインレッスンの質を向上させて、他の人と差を付けるライブ配信にしてしっかりレッスン料をもらえる環境を整えたいなら、機材をプロ仕様に変えてみてはどうでしょう。



カメラの手ブレは問題外!なめらかな動きにあわせて動作指導に躍動感を与えよう

スマホの性能がどんどん良くなっているので、レッスンの撮影にはビデオカメラと遜色ない映像が撮れるようになりました。

 

手持ちの手ブレを防止してなめらかな映像にしてくれるスタビライザー(ジンバル)もオンラインレッスンでは大活躍してくれます。

 

また広角レンズを活用するのも広く大きな動きが相手に伝わります。



オンラインレッスンの注意点(セキュリティ)

無料で利用が出来るアプリもたくさんありますが、セキュリティが不十分な場合があり不安要素が残るのも事実です。

 

システムの公式サイトを常にチェックするなど、定期的なシステムアプリケーションのアップデートを怠らないようにしましょう。

 

主催するトレーナー側が使用方法を分かった上で開始する必要があります。


海外の無料で使用できる予約アプリケーションなど、システムの全容把握しないまま使い始めるのは危険が伴います。先述しましたが、「システム名◯◯のメリット・デメリット」「予約システム◯◯と△△ 比較」などで調べてから導入しましょう。

 

無料のビデオ通話システムを使ったサービスは参入障壁が低く、誰でも簡単に同じサービスを提供します。他との差別化はひと手間かけてでも、利用者が安全に継続出来る商品を提供し続けるサービスであることでしょう。

 

システムやツールは慎重に選ぶ必要があります。

 

トークチャットなどで安易に銀行口座の振込先やカードに関する情報などをお客様に送信してもらう行為など個人情報の扱いはくれぐれも慎重に。  日本国内でサポートが薄いシステムの場合は十分注意が必要です。

オンラインレッスン料金の支払い方法

クレジットカード決済、銀行振込、PayPalSquareLINEペイPayPayなどでレッスンの開始までに支払いを済ませるパターンがおすすめです。

 

 


スムーズにレッスンが開始されたら良いのですが、キャンセル料の発生についてもきちんと記載しておくことをおすすめします。ネットでの申込みは対面レッスンと違い比較的安易に申込みをされ、ドタキャン!なんて言うことも少なく有りません・・。

 

体験レッスンをして、カウンセリングを行い料金についても事前にプロフィールなどで説明記載しておくと利用者側もわかりやすくトラブルになりにくいでしょう。


オンラインレッスン利用者の注意点

レッスンを受ける際はWi-Fi環境が良い自宅をおすすめします。巷で自由に使えるFree Wi-Fiを利用するのは途中で途切れてしまいがちです。外部の音についてもイヤホンを使うなどすると周りの音を拾うこと無くスムーズに会話ができ、聞こえやすくなります。

 

◯レッスン料授受について

事前支払いの場合は、直前に送金するのではなく余裕を持ってお支払いをすることおすすめします。トレーナーはあなたのレッスンのために準備や勉強などを用意しているはずです。

 

直前まで振込がされないと不安にもなりますし、簡単にキャンセルをされると指導意欲も萎えてしまいます・・。