オンライントレーニングのメリット・デメリット

オンラインで運動指導のプロ(パーソナルトレーナー)と繋がり自分の目的に合った指導が受けられるオンラインパーソナルトレーニング。

 

リモートワークが増え、歩行数が減り運動不足を感じて肩こり腰痛、体重増加など不調を抱える人がオンライントレーニングを検索し、始めている人も増えてきました。

 

フィットネス20年以上の筋トレ女子がリアルに体験して、オンラインパーソナルトレーニングのメリットを徹底分析!

オンライントレーニングも多種多様ある

一言で”オンライントレーニング”と言っても多種多様ありますので簡単ざっくりイメージで分類を分けて見ましょう。いずれもスマホやパソコンなどインターネット環境があればどこでも自由に受けられる簡単便利で効率的な新しい運動の仕方です。

 

オンラインパーソナルトレーニング・・ライブでトレーナーとマンツーマンで筋トレやエクササイズを受けるサービスです。自分のリクエストを伝えてその設定目標に向かってその道のプロ(ダイエット・ダンス・ヨガ・筋トレ)から直接指導が受けられます。

(このページでは主にこのオンラインパーソナルについてのメリット・デメリットについて書いています)

 

スケジュールは自分の希望の日に予約をしてレッスンを受けられます。zoomやスカイプといったビデオ通話システムを使用し行われる事が多いです。

 

オンラインセミパーソナルトレーニング・・ジムやフィットネスクラブが主催で予め決められた日時のスケジュール枠に自分が予定を合わせて参加するスタイルが多い。プログラムによっては自分の悩みや目的にあった内容のレッスンを選んで受けることができます。参加者のレベルに合わせるので自分の体力に合わない事もある。

 

オンデマンド型(ビデオレッスン)トレーニング・・YouTubeに代表されるような予め録画されたトレーニング動画を自分の好きなタイミングで見に行くタイプ。月額制でヨガ専門やダンス専門などのサービスも多数増えて来ています。

”オンラインフィットネス”という呼称が通例になりつつあります。

オンライントレーニングのメリット

ジム行かなくても、スマホやタブレット、パソコンとインターネット環境さえあればいつでもそこがあなたのトレーニングスペースに早変わり!

 

筋トレ動画を見るだけの”宅トレ”とは違い、予約をするので1人で運動ができない、続けられない人にとってはプロの運動指導者が”自宅に来てくれる”ので生活ルーチンの一つに組み込みやすくなります。

レッスン料が安い

パーソナルジムに出向いて行く必要がなくなるので、その往復、準備、交通費にかかる全てがカットされます。

 

ジムではテナント料はもちろん、大型のトレーニングマシンや運動用具搬入、維持メンテナンスの他にもお客様が使用するシャワーや空調などの設備費の経費がレッスン料に当然上乗せされて運営されています。

 

自分はシャワーは使わないからその分の割引なんて当然ありません。

 

その点、どのオンラインパーソナルトレーニングサービスも回数を多めにしても同じレッスン内容でも料金が安くなるメリットがあります。

 

単発30分のマンツーマントレーニングであれば、通い型ではレッスン料だけでも施設利用込で5,000円〜8,000円かかる事もあるでしょう。

 

オンラインのパーソナルトレーニングなら30分3,000円〜高くても6,000円で収まる場合もあり、更に入会金や月会費などもかからない場合もあります。オンラインなら月に1回受けていたけど、2回、3回とトレーニングする回数を増やすことも可能です。 

 

ちなみに、ジムという「場所」を持たずにトレーニング指導ができるオンライン専用のパーソナルトレーナーのレッスンならばもっと料金が安くなる場合があります。

 

オンラインなら、ライブでつながる定期的なパーソナルを受けたり、世界で人気のフィットネスをアプリでダウンロードして利用したり、ヨガ専門のライブレッスンの会員になったり、色々契約しても安いのが嬉しいですね。

時間を有効活用できる

オンラインレッスンは、開始直前まで自分の時間を有効に使えます。実際に出向いていく場合、ウエア、シューズ、タオル、ドリンク・・などあれこれ準備が大変!仕事が忙しい人や小さい子どもを留守番させられない人にとっても便利です。

 

また、運動直後に順番待ちもすること無くシャワーを浴びたり休息できるのでそこがまた嬉しいメリット。

 

ジムに通い出すと、ついつい集めたくなるトレーニングウエアやシューズへの出費も少なくなる上、ジム帰りの寄り道でこれまたついつい無駄遣いしてしまう回数も減り、新たな他の趣味や勉強など自己投資する時間とお金の有効活用でがきるようになりますよ。

おしゃべりできる

リモートワークでメール作業が多くなり仕事がどんどん効率化される昨今、人と会話をしたり関わりあいが少なくなっていませんか?

 

運動不足な上、人との対話が減ると心も疲弊していきます。パーソナルトレーナーとオンラインで会話を弾ませて運動することは心身共に健やかになるでしょう。

 

特に日本人は仕事以外の人とのコミュニティに属したり、没頭する趣味の世界を満喫したりする人が少ないですよね。空いた時間に新しい趣味の世界を広げ余暇やプライベートの時間を健康のために費やすのも悪くはないのでは?

 

リモートワーカー歴10年以上、ジム歴20年以上のライントレーニングを多いに活用している筆者のリアル体験としてはジム通いのあるあるで「煩わしい人間関係」からも解放されるという側面もあると実感しています。

 

集中したい時に知り合いに話しかけられたりして思うように進まない事も多かったり、マシンが他の人に使用されていて自分のルーチンでトレーニングができなかったり・・。

 

オンライントレーニングに変えてからそういった小さなストレスから解放されています。

面倒な入会手続きがほぼ無い

スポーツジムやフィットネスクラブ、パーソナルジム全ての施設において会員になる時に諸手続きが面倒だなと感じたことはありませんか?

 

オンラインパーソナルトレーニングなら殆ど書類での手続きは発生しないでしょう。ペーパーレス、印鑑レスで気軽にレッスンが開始できます。

密室で二人だけにならない安心感

小規模ジムに通っていると、マンションやテナントの狭い空間で男性トレーナーと密室で二人だけになるが不安にもう女性は少なく有りません。今は、感染予防の面でも密が気になります。

 

オンラインパーソナルトレーニングなら、全く心配はありません。女性のトレーナーで女同士ならもっと安心ですね。

 

自分だけが使う器具だから清潔・感染予防になる

自分のお気に入りのトレーニングツールで自分だけが利用するので清潔で、外出もせずに健康維持ができるので感染予防にもなります。

 

ジムやスタジオで他の人が使ったトレーニングマットや道具を使うことに抵抗がある場合、オンラインパーソナルトレーニングが特におすすめです。

 

最近のトレンドは、大型マシンを使わないでチューブやバランスボールなどと言った手軽にネットで購入出来るツールや自体重(自分の体重だけで行う)トレーニングです。

運動していることを他人に知られない

人知れず、ダイエットを本気でやりたいと思った事ありませんか?スポーツジムに通うと昔の友人とばったり遭遇したり、面倒な人間関係があったり・・。

 

集中してダイエットやボディメイクに専念したい時には自宅でエクササイズは最高です!!

 

また、いくら頑張っても痩せられない、リバウンドを繰り返してジムに行くのが恥ずかしいと感じている方にもおすすめです。

予約するから継続できる

「痩せたい」「ダンスがうまくなりたい」「体質改善したい」などそれぞれ明確な目標がある人は、オンラインでも通い型でも必ず成功するでしょう。

 

中でもライブでその道のプロに直接予約するので気持ちも前のめりになります。プロがマンツーマンで指導してくれるのでいい意味で「逃げ場」がなくなり目標達成まで導いてくれます。最短最速で希望を叶えられるでしょう。

 

なんとなく流行ってるからとか目的が無いまま始めたり期限を決めずに始めると、「やっぱりだめだった」となってしまう人が少なく有りません。どんな習い事でも同じ事が言えますね。

フィードバックを貰える

YouTubeの筋トレ動画をみるだけでは自分の効果や成果の進捗がいまいちわかりにくかったりしますが、オンラインサービスなら双方向でやり取りができるので毎回達成感も得られるのと、実際の自分の頑張りを評価してもらえます。

 

「三日坊主になった・・」や「やる気が続かない」ということも避けられます。また、トレーナーが一生懸命自分のためにやってくれる姿を見ると、「トレーナーのためにもガンバろう」という気分にもなりそれがモチベーションになるという声も多く聞かれます。

オンラインパーソナルトレーニングのデメリット

オンラインパーソナルトレーニングを体験している筋トレ歴20年の筆者ですが、デメリットという程の不快さや面倒、煩わしさはほとんど感じません。

 

お金も時間も節約できて、プロにマンツーマンで指導が受けられる。目的が明確であればあるほど上達進度は通い型より効率的です。

 

あえてデメリットとして上げるのであれば、

  1. 姿勢や動きの細部まで直してもらいづらい
  2. トレーニング中の怪我のリスクが高くなる
  3. オンライン(IT)が得意じゃないトレーナーを選ぶべからず

という事かもしれません。

これらも利用する側が注意をしていれば回避できるポイントなので指導トレーナーを選ぶ際に注意しましょう。

 

1、姿勢・動きのフォームを直してもらいにくいというのはトレーナー側のサービスの問題でもあり先に正しいフォームのお手本などの動画を送って見せてくれたりしている人もいます。

 

むしろ、こういったお手本を残してくれる方が、セルフトレーニングもしやすかったりするのでデメリットでもありますが習う人次第なので良いトレーナーを選ぶようにしてください。

 

2.トレーニング中の怪我のリスクが高くなる、これも細かいフォームチェックがない分、リスクが高くなりますが運動初心者なのか、経験者なのか事前にトレーナーと申し合わせをすることでトレーナーもメニューの組み方をきちんと考えてくれます。

 

3.ITが苦手なトレーナーは止めたほうが良いです。トレーナーさんの中には仲間がやっているから始めた・・というような人も中にはいると思います。

 

トレーナー技術が高くてもITリテラシー(ネットワーク・セキュリティなど、ITにひも付く要素を理解する能力、操作する能力という意味)引くい人がオンラインサービスを始めている場合もあります。

 

このような場合、レッスン料金授受のやり取りなどでトレーナーの銀行口座に振込をするという事案が発生した時に、無料で使用できるビデオ通話のチャットで口座番号を知らせたりする危機意識の低い人であれば大変危険です。

 

無料サービスが溢れているので、それに使い慣れていると優良サービスで安全を買うという意識が薄れて来ます。

 

フリーWi-Fiを使う事に抵抗がなかったり、お客様の情報の管理も甘い人と思いますので支払いのシステムなどはオンライン決済できちんとしたシステムを使っているかなどはチェックが利用前に必要です。

 

パーソナルトレーナーの選び方

こんなパーソナルトレーナーは要注意

グループレッスンはプライバシー確保がデメリットになる場合も

”オンラインフィットネス”。社会情勢とともに2020年から一気にサービス展開が加速しています。

zoomというビデオ通話システムを利用して、これまで対面型でグループエクササイズをしていたジムや個人のトレーナーやインストラクターが次々と始めています。

 

オンラインフィットネスの選び方で詳しく書いていますが、顧客のセキュリティは大丈夫なのか?プライバシーは?と疑問になるサービスも多々あるので入会には注意が必要です。

 

複数人が参加するオンライングループレッスンの場合、実際開催された動画をYouTubeでアップロードしている場合があります。顔や自宅の中まで丸見えです。

 

主催者のITリテラシーも問われる問題ですが、利用する側も「すっぴんで参加できるから嬉しい!」と思っていても、あなたのそのすっぴんが世界中に公開されているという事もあります。